浮気相手の方が好きということについて

これだけは覚えておいてください

浮気相手,好き

 

この言葉を夫や彼が口にしている場合は、それが本音かどうかを浮気相手との交際期間、彼の性格、彼が抱えているストレスなどを総合的にみて判断しないとなかなか答えは出てこないことでしょう。ただしそれが浮気相手と出会ったばかりの恋愛の初期のことであれば、そんなことはを信用しない方が良いかもしれません。

 

あなたと彼が出会った頃の事を思い出しください。毎日ドキドキし、有頂天になったり落ち込んだり、すごく喜んでいたり、したことでしょう。彼は今、あなたと恋に落ちたときのように、浮気相手との幸福感に酔いしれているかもしれません。

 

だからといって、恋愛初期のドキドキ感にはかないっこない、だから私達はもうやり直せない、と考えるのは早とちりというものです。恋愛感情は、右肩上がりに上昇して居続けるものではなく、あるところまで上り詰めると一気に落ちてくるものです。相手の悪いところばかり目がつくようになるのです。恋愛が長かっ続きしないという人は、こういうときに別れをしている人が多いでしょう。

 

しかし一旦下がった恋愛感情は、下がりっ放しではありません。お互いに相手を理解しようと努力することで、再び上昇していきます。これが恋が愛に変わる瞬間なのです。愛はジグザグを描きながらだんだんといい感じになり、2人は穏やかで安定した関係を築いていくのです。

 

恋はうっとりと素晴らしいものですが、長続きはしません。長い時間一緒に過ごし、お互いに緊張感や不安感を抱かなくなると、ときめきは消えてしまいます。しかし、愛は精神が安定し、信頼を感じる時に生まれてくるものです。恋ははかなく消えていきますが、愛はお互いを思いやる気持ちがあれば家に続いていきます。

 

確かにあなたは不利な状況です。彼は今、恋のまっただ中にいます。浮気相手の悪いところをまだ知らないのです。悪いところをすべて知らなければ、あなたが不利なことは当然なことなのです。しかしは、今はまだ盛り上がっている時期ですが、これから先、必ず悪くなることでしょう。そこで彼の本当の答えが出るはずです。もし、あなたが彼とやり直したいと思っているのであれば、その時まで待つのが最善の手段と言えるかもしれません。

 

そしてこれだけは覚えておいてください。慌てて答えを出す必要はないのです。夫や彼が浮気相手を好きだからといって、あなたの事を嫌いになったわけではありません。将来、この時期のことを振り返って、感情に流されなくてよかったと思う日がきっと来るはずでしょう。

最終更新日 2015年3月4日